« 万葉線電車まつり | トップページ | 夜行性の本性 »

2004.05.28

MAXIMUM

きららMAX、25日に買って来ましたが帰宅が遅かったり体調崩したりでまだほとんど読めず。
でもトリパロだけはしっかりと目に焼き付けました。

正直、異常なまでの特別扱いはかえって本人の負担ではないか、スター選手だけ持ち上げるのは雑誌内のチームワークに悪影響が出るようなことにならないかなど不安はありました。

が、読者としては好きな作品と好きな作家が一度に楽しめるのはやはり幸せですー(お気楽モノ)。

一番の注目はやはり白ピクミン。
もう白ピクミンのトリコロが見られただけで感激です。
おまけにたった2ページにトリコロを凝縮しつつも自身の味とのバランスが絶妙。

ととねみぎさん、荒井チェリーさん、…と、きらら内でも特に好きな作家さんが名を連ね、それぞれの作風とトリコロの世界を巧みに、…てか持ち味のみで勝負した方もおられ、それがまた面白く。
当面のトリコロ分補給は果たせましたが、益々本家の復帰が待ち遠しくなりました。


ココは知人も見ているので出来るだけ控えめ(?)に書いてみましたが、最後に一言。

愁☆一樹さんのにわちゃん最高ー!!

|

« 万葉線電車まつり | トップページ | 夜行性の本性 »

アニメ・コミック(2004年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10766/666517

この記事へのトラックバック一覧です: MAXIMUM:

« 万葉線電車まつり | トップページ | 夜行性の本性 »